貧血 原因

貧血の原因は何?

さまざまな貧血の原因

貧血にはさまざまな原因があります。もともと貧血を「単品で」起こしているわけではなく、他の病気に付属して引き起こされることもあれば(がんなどが特に有名ですね)、栄養分が足りなくて貧血を起こす場合もあります。
前者の場合、ほとんどのケースで医師に診察を受けているでしょう。もっと言えば、医師の診察を受けていなかったにしても、それらの異常が認められた時点で、病院にかかるのが普通です。そのため、貧血に関しても、医師が音頭をとって改善に努めていくケースが多いです。後者の場合、病院に行くひと行かないひといろいろあるかと思いますが、とりあえず自分の貧血が「何が原因か」というのは見極めておいた方が良さそうです。

もっとも多い「原因」

貧血の中でもっとも多い原因は、やはり「鉄分の不足」によるもの。これは「鉄欠乏性貧血」と呼ばれます。非常にイメージしやすく、一般的な貧血です。鉄分の不足が原因となって起こるこの鉄欠乏性貧血は、鉄分の摂取によって改善します。「足りないものを補う」という非常にシンプルな解決策になるわけです。
鉄欠乏性貧血は、一般的な病気であるが故に診断も容易であり、かつ治療方法も確立されています。重度になればつらいことも多いですが、その「重度」の場合であってさえ、医療機関には治療のノウハウがあります。そのため、鉄分の不足が原因の貧血の場合、戦うこともそんなに苦しくはありません。